講談社BOOK倶楽部

『知ってはいけない──隠された日本支配の構造』矢部宏治

ウェブ立ち読み

はじめに【PDF:1MB】

第1章【PDF:2MB】

あとがき【PDF:923KB】

追記【PDF:940KB】

四コマまんがDL

四コマまんが【zip形式:2MB】

新着情報

知ってはいけない──隠された日本支配の構造

矢部宏治著

定価本体予価840円 + 税
発売日2017年8月16日
発行講談社 現代新書
ISBN978-4-06-288439-6
判型新書判
ページ数264ページ

日本が「基地」も「原発」もやめられないのは「朝鮮戦争」に起源があった!? 岩上安身氏による著者インタビュー動画が好評公開中です

岩上安身による『知ってはいけない──隠された日本支配の構造』著者・矢部宏治氏インタビュー

概要

私たちの未来を脅かす「9つの掟」、
最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは?
なぜ日本はアメリカの意向を「拒否」することができないのか?
3分でわかる日本の深層!

みなさんは、世田谷区や中野区、杉並区の上空が米軍に支配されていることをご存じですか?

あるいは、米軍に与えられた治外法権が、日本の国土全体に及んでいることを知っていましたか?

「なにをバカなことを……」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、これらは複数の公文書によって裏付けられた、疑いようのない事実なのです。

じつは、私たちが暮らす「戦後日本」という国には、国民はもちろん、首相やエリート官僚でさえもよくわかっていない、「ウラの掟」が存在し、社会全体の構造を大きく歪めています。

そうした「ウラの掟」のほとんどは、じつはアメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、米軍と日本のエリート官僚とのあいだで直接結ばれた、占領期以来の軍事上の密約を起源としているのです。

3つの「裏マニュアル」ともいうべき最高裁の「部外秘資料」、検察の「実務資料」、外務省の「日米地位協定の考え方」を参照しながら、日米合同委員会の実態と対米従属の根幹に迫るとともに、日本における「真の権力構造」を徹底解明します。

累計17万部を突破したベストセラー『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』の著者・矢部宏治氏が、「戦後史の闇」に光をあてた渾身の決定版!

目次

第1章日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章日本に国境はない
第4章国のトップは「米軍+官僚」である
第5章国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章政府は憲法にしばられない
第7章重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

著者プロフィール

矢部宏治(やべ・こうじ)

1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表。著書に累計17万部を突破した『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(以上、集英社インターナショナル)、『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること――沖縄・米軍基地観光ガイド』(書籍情報社)など、共著書に『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(創元社)。企画編集に「〈知の再発見〉双書」シリーズ、J.M.ロバーツ著『図説 世界の歴史』(全10巻)、「〈戦後再発見〉双書」シリーズ(以上、創元社)がある。