30th anniversary 新本格ミステリ30周年企画、始動。 講談社ノベルス×講談社タイガ

2017年秋、「新本格」結集アンソロジー、刊行決定。
講談社ノベルス×講談社タイガ 企画始動。

ニュース・イベント情報

参加作家一覧

  • 綾辻行人

    1987年9月、『十角館の殺人』で作家デビュー、「新本格ムーヴメント」の嚆矢となる。「館」シリーズで本格ミステリシーンを牽引する一方、ホラー小説にも意欲的に取り組む。1992年『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。

    『十角館の殺人』

    “たった1行”が世界を変える。

  • 歌野晶午

    1988年、島田荘司氏の推薦を受け『長い家の殺人』でデビュー。2004年『葉桜の季節に君を想うということ』で第57回日本推理作家協会賞・第4回本格ミステリ大賞、10年『密室殺人ゲーム2.0』で第10回本格ミステリ大賞を受賞。

    『密室殺人ゲーム王手飛車取り』

    小説の愉しみと企みに充ち満ちた問題作!

  • 法月綸太郎

    1988年、『密閉教室』でデビュー。89年、著者と同姓同名の探偵が登場する『雪密室』を発表。2002年「都市伝説パズル」で第55回日本推理作家協会賞、04年『生首に聞いてみろ』で第5回本格ミステリ大賞を受賞。

    『法月綸太郎の冒険』

    なぜ執行日に死刑囚は殺されたのか――

  • 有栖川有栖

    1989年、『月光ゲーム』でデビュー。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。本格ミステリ作家クラブ初代会長。

    『46番目の密室』

    臨床犯罪学者・火村シリーズ第1作!

  • 我孫子武丸

    1989年、『8の殺人』でデビュー。『殺戮にいたる病』などの重厚な作品から、『人形はこたつで推理する』などの軽妙な作品まで多彩な作風で知られ、大ヒットゲーム「かまいたちの夜」シリーズの脚本も手掛ける。

    『殺戮にいたる病』

    永遠の愛を男は願った! 恐るべき殺人鬼の魂の軌跡!

  • 山口雅也

    1989年、『生ける屍の死』でデビュー。1995年『日本殺人事件』で第48回日本推理作家協会賞を受賞。2002年に発表された『奇偶』は、「偶然」という概念を型破りともいえる視点で扱い、ミステリーの新たな到達点を示した。

    『奇偶』

    推理小説界の四大奇書に連なる、第五の奇書!

  • 麻耶雄嵩

    1991年、『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞、『さよなら神様』で第15回本格ミステリ大賞を受賞。

    『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』

    悪徳銘探偵(メルカトル)の伝説はここから始まる!

  • はやみねかおる

    三重県生まれ。『怪盗道化師』で第30回講談社児童文学新人賞に入選し、同作品でデビュー。
    他の作品に「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズ、「大中小探偵クラブ」シリーズなどがある。

    『そして五人がいなくなる』

    少年少女を魅了し続ける名探偵・夢水清志郎、初登場。

  • 恩田陸

    1992年、『六番目の小夜子』でデビュー。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジーなどあらゆるジャンルで、魅力溢れる物語を紡ぎ続けている。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞受賞を受賞。

    『三月は深き紅の淵を』

    かつて一度でも、むさぼるように本を読む幸せを味わったことのある人に。

  • 高田崇史

    1998年、『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、歴史の真実を独自の切り口で解き明かす「QED」シリーズや「カンナ」シリーズ、「神の時空」シリーズなどがある。

    『QED 百人一首の呪』

    百人一首に仕組まれた美しき謎とは!?

  • 東川篤哉

    2002年、『密室の鍵貸します』でデビュー。ユーモアと本格ミステリの融合で高い評価を受ける。2011年『謎解きはディナーのあとで』で第8回本屋大賞を受賞。

    『純喫茶「一服堂」の四季』

    衝撃のどんでん返し!

  • 一肇

    ニトロプラス所属。『少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語』や『フェノメノ 美鶴木夜石は怖がらない』など著作多数。

    『フェノメノ 美鶴木夜石は怖がらない』

    「ようこそ、こちら側の世界へ」

  • 古野まほろ

    2007年、故・宇山日出臣氏に絶賛され『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。「臨床真実士ユイカ」シリーズをはじめ、論理に徹底的にこだわりながら青春小説としても高い評価をうけ、若い世代の支持を集めている。

    『禁じられたジュリエット』

    「囚人」と「看守」に分けられた女子高生8人。

  • 綾崎隼

    2009年、第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞し『蒼空時雨』でデビュー。「君と時計」シリーズ、「花鳥風月」シリーズなど、人気シリーズを多数刊行している。

    『君と時計と嘘の塔 第一幕』

    タイムリープ・ミステリの新たなる傑作誕生!

  • 青崎有吾

    2012年、『体育館の殺人』第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。平成のクイーンと呼ばれる端正かつ流麗なロジックと、魅力的なキャラクターが持ち味で、新時代の本格ミステリ作家として注目を集めている。

    『アンデッドガール・マーダーファルス 1』

    “鳥籠使い”――それは怪物事件専門の探偵。

  • 周木律

    2013年、『眼球堂の殺人 ~The Book~』で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。現在五作が刊行されている「堂」シリーズのほか、講談社タイガにて「失覚探偵」シリーズ全三作を刊行。

    『眼球堂の殺人 ~The Book~』

    天才数学者が見通す奇妙な“堂”の姿とは――?

  • 白井智之

    2014年、『人間の顔は食べづらい』が第34回横溝正史ミステリ大賞の最終候補作となりデビュー。『東京結合人間』は綾辻行人氏の推薦により、「鬼畜系特殊設定パズラー」と称される。

    『おやすみ人面瘡』

    狂気の本格推理に度肝を抜かれろ。

  • 井上真偽

    2015年、『恋と禁忌の述語論理』で第51回メフィスト賞を受賞しデビュー。続く『その可能性はすでに考えた』『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』は、ともにその年のミステリランキングを席巻した。

    『その可能性はすでに考えた』

    これはアンチミステリではない
    ただの奇跡だ――麻耶雄嵩

  • 澤村伊智

    2015年、『ぼぎわんが、来る』で第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉を受賞。続く『ずうのめ人形』『恐怖小説 キリカ』でも評判を呼び、エンターテイメント小説会の次世代を担う旗手として一躍注目を集める。

    『恐怖小説 キリカ』

    この恐怖は、あなたの日常を侵食する――。

新本格ミステリとは

新本格ミステリとは
綾辻行人の『十角館の殺人』でのデビューを
皮切りに巻き起こった本格ミステリ(※)の一大ムーブメント 

その後、若い才能が一気に世に羽ばたき、ミステリ界を一変させた。

名探偵、嵐の孤島、謎めいた連続殺人、密室、快刀乱麻の解決編……
謎と論理にこだわり尽くし、虚構のおもしろさを今も追求し続けている。

※ 本格ミステリは、魅力的な謎を提示し
論理で解決されることに主眼をおいたミステリをいう。